試験や申込み方法

船

身体検査も内容

船舶免許を取得する際には事前に様々な準備が必要になります。試験の内容は身体検査と学科試験そして実技試験の3つ行います。基本的には1日に全ての試験を行う事になります。まず、身体検査に合格しなければ学科試験と実技試験を受ける事はできないので注意しましょう。身体検査では、安全に運転する為に最低限必要な視力や色覚、聴力そして身体的な機能に障害の有無を満たしているかの検査を行います。身体検査を合格する為の基準は、視力は両眼共に0.5以上あり、視野が左右150度以上ある事が条件になります。視力に関しては眼鏡やコンタクトを着用し、矯正を行い視力の基準を満たしても問題ありません。次に色覚に関しては夜間において灯火の色を識別する為に必要になります。聴力は5m以上離れた距離からの話声語の弁別ができる事が条件です。補聴器を使用して基準を満たしても問題ありません。身体機能の障害については、軽症で船舶の運転に支障がきたさないと認められた場合に合格になります。船舶免許を取得する為の受験を受けるには様々な方法があります。免許のスクールコースを受ける、登録小型船舶教習所コースを受ける、そして個人で勉強を行うことです。船舶免許を取得する為に勉強を終えた後は国家試験受験申請を行います。そして船舶免許を取得語に使用する為に証明写真を事前に用意しておきましょう。その後全ての試験に合格する事で船舶免許を取得する事ができます。

Copyright© 2018 バイクに乗りたいなら【リーズナブルな価格で免許を取得】 All Rights Reserved.